バトルフィールド 2042」の今年最後のアップデートが公開されました

by Paul
0 comment

DICE は、「バトルフィールド 2042」の今年最後のアップデートを公開しました(致命的な問題がない限り)。

主な変更点は、ヒットレジストレーションの一貫性の改善、Xbox Series X/S プレイヤー向けにクロスプレイを無効にするトグルの追加、他のプレイヤーからプレイヤーが見えなくなってしまう稀なバグの修正です(これはメレー・アチーブメントを獲得したい場合に非常に便利でした)。

また、今回のアップデートでは、カレイドスコープ、オービタル、アワーグラスの各マップのブレイクスルーから屋上の目標が削除されました。このマップでは侵入口が限られていたため、攻撃者が…ブレイクスルーすることはほぼ不可能でした。

また、武器のチューニングにも大幅な変更が加えられています。こちらの記事では、プレイヤーが所持できるフラグメントや焼夷グレネードの数を2つから1つに減らすことなどが紹介されています。

これは、DICEが「バトルフィールド」のゲーム史上最速でアップデートを行ったことを意味しています。これは、業界のリーク者であるTom Henderson氏が最近明らかにしたように、波乱に満ちた開発によって引き起こされた発売不振を補うためです。

EAはその後、複数のタイトルとスタジオにまたがる「つながりのあるバトルフィールド体験」を構築する計画を発表し、RespawnのVince Zampella氏がバトルフィールドフランチャイズのボスの役割を担うことになりました。

You may also like

Leave a Comment