Call of Duty: Warzone」のQAストライキが2日目に入り、Activision Blizzard全体に拡大

by Diana
0 comment

「Warzone」の大規模な混乱を前にした集団行動

Update: Call of Duty: WarzoneのQA開発者によるストライキは2日目も続き、Activision Blizzard全体の他の開発者にも拡大しています。

Activision Blizzard King Workers Allianceのツイートによると、「Raven QAの労働者が2日連続でウォーキングアウトしています。彼らは、(テキサスとミネソタのスタジオ)とBlizzard QAの労働者と合流しています。これらの労働者は、Raven QAが昨日発表した声明に連帯しています。”

オリジナルのストーリーです。Call of Duty: Warzoneに従事する品質保証チームの大半が、先週から始まった大量のサプライズレイオフに抗議してストライキを行っている。

BloombergのJason Schreier記者によると、「約40人のQAテスターのチームのほとんどが[…]金曜日に始まった突然のレイオフに抗議して仕事をやめている。彼らは、解雇が撤回されるまで歩き続けると言っています」と述べています。CharlieIntel社とAxios社のレポーターStephen Totilo氏がTwitterに投稿したグループの声明は、これらの主張を裏付けるものでした。

先週、Activisionは複数のコントラクターとのミーティングを開始し、1月28日以降の仕事を維持するか失うかをスタッフに伝え、チームのほぼ3分の1にあたる約12人のスタッフが、役割を果たせていないにも関わらず、新年に新しい仕事を見つける必要があると告げられたとのこと。これは、QAスタッフが、アクティビジョン社が賃金を上げるための給与リストラに取り組んでいることを知らされた後のことでした。

このウォークアウトは、Raven氏が主に担当している「Call of Duty: Vanguard」の「Warzone」との統合が始まる数日前に行われました。昨年の「Black Ops: Cold War」と「Modern Warfare」との統合が困難だったことを考えると、QA部門は移行期間中に非常に重要な役割を果たすと思われ、今回の集団行動はWarzoneの次の時代の始まりに大きな困難をもたらす可能性があります。

また、この集団訴訟は、Activision Blizzard社にとって非常に困難な時期に行われました。同社は、性差別やハラスメントに関する訴訟を抱えており、ボビー・コーティックCEOが在任中に企業文化を修正できなかったことから、退任を求める声が繰り返し上がっています。

アクティビジョン社は声明の中で、「今後数ヶ月の間に、約500人の臨時従業員を正社員に転換します。残念ながら、この変更の一環として、スタジオ全体で20名の派遣社員にも契約を延長しないことを通知しました。”

You may also like

Leave a Comment