PlayerUnknown’s Battlegrounds』が1月から無料プレイに

by Michael
0 comment

初の大型バトルロイヤルでもランク戦のクエは課金される

Kraftonは、The Game Awardsでのほとんどプレレンダリングされたトレイラーで、『PlayerUnkown’s Battlegrounds』が1月12日から無料プレイモデルを採用することを発表しました。

これまで「PUBG」は30ドルで購入するもので、「Apex Legends」や「Fortnite」のような無料プレイのゲームが主流のジャンルでは特筆すべき例外となっていました。今でも人気がありますが、かつては「PUBG」がバトルロイヤルゲームだった時代がありました。そのユビキタス性は今では遠い記憶となっており、PUBGの初期の成功も、校庭を支配するジャガーノートとなったFortniteとは比較にならない。Kraftonは入場料を取り除くことで、失った地位を取り戻すことができるかもしれません

既にPUBGをフルプライスで購入した方もご安心ください。これは倹約のための措置だが、BANを避けようとするチーターを抑制するための措置でもある。停止処分を回避するために新たにアカウントを作成しても、13ドルもかかるのでは魅力が半減してしまいます。追加の収益化については、新しい戦術的なレザーダスターや鮮やかな色のアサルトライフルのスキンの可能性に頭を悩ませています。

プレイヤーベースの拡大は、PUBGのファンだけでなく開発者にとっても有益であり、この独特のシミュレーション性と容赦のないバトルロイヤルゲームに新たな命を吹き込むことになるはずだ。PUBGはKrafton社の成功とアイデンティティの基礎を形成してきましたが、今回の発表は彼らの最新作であるThunder Tier Oneのリリースを受けたもので、PUBGに似た美学を持つトップダウンの「タクティカル」シューターです。

You may also like

Leave a Comment