Assassin’s Creed Valhalla Year 2 features Kassandra return and massive Ragnarök expansion

by Michael
0 comment

After After the more from Basim.

Ubisoftは、『Assassin’s Creed Valhalla』の2年目の大きな追加要素の蓋を開けました。この追加要素には、ファンのお気に入りであるカサンドラが主役の『Assassin’s Creed Odyssey』クロスオーバーDLCに加え、35時間に及ぶ大規模な神話的拡張が含まれます。

先週、プロデューサーのJosé Araiza氏に、今後の展開や、カサンドラの復活、バシムの復帰などの詳細を伺いました。その内容は以下のとおりです。

アサシン クリード』ファンの皆様にまずご紹介するのは、『アサシン クリード ヴァルハラ』と2018年発売の『アサシン クリード オデッセイ』の両方に対応した、無料のクロスオーバーDLCです。どちらのDLCパックも明日、12月14日に届きます。

これらの「アサシン クリード ストーリー」は、『オデッセイ』から始まり、今や不死身となった主人公が世界を旅してイスのアーティファクトを追跡するという新たなクエストを開始したゲーム後のカサンドラの物語をピックアップします。これはヴァルハラでの彼女の登場につながり、エイバーはスコットランドのスカイ島の新エリアでカサンドラと出会うことになる。

ーーーーーーーーーーーーーー

アサシン クリード ヴァルハラ』の次の大きなコンテンツは、2022年3月10日に登場する大規模な拡張パック「Dawn of Ragnarök」です。アサシン クリード ローグ』のユービーアイソフト・ソフィア・スタジオが開発したこの巨大な神話の章は、35時間のボリュームがあり、基本ゲームのイングランドの3分の1の大きさのマップを含むと言われています。ユービーアイソフトによると、本作は『アサシン クリード』のゲーム史上最も重要な拡張版だそうです。

これは主に神話的な拡張で、ヴァルハラの既存のアスガルドとヨーテンハイムの部分に似ていますが、ドワーフの領域であるスヴァルタルフヘイムです。この領域は、燃えるようなムスペルヘイムの戦士たちに侵略されており、新たな敵と戦い、神のような新しい力を学ぶことになります。武器に元素の力を吹き込むことができたり、テレポーテーションの矢や味方の敵を復活させる能力など、より幻想的な能力が登場します。また、新たな “神器 “が追加され、従来の “神器 “を拡張版以外でも使用できるようになります。

ストーリーは、オーディンとその息子のバルドルを中心に、「Thor: Ragnarok」にも登場した炎の悪魔スルトゥールがビッグボスとして登場します。また、この拡張版には新たなアリーナアクティビティが追加されます。

フーッ。これでValhallaのYear2は3月までとなりました。しかし、残りの期間はどうなるのでしょうか?また、カサンドラは将来的にもっと多くのキャラクターとクロスオーバーする可能性があるのでしょうか?発売後のプロデューサーであるJosé Araiza氏にお話を伺いました。

「ネタバレしますよ。Kassandraの今後について尋ねると、Araiza氏は次のように話してくれました。「彼女がなぜそこにいるのか、次にどこに行くのかを知るには、クロスオーバーストーリーをプレイする必要があります。クロスオーバー・ストーリーをプレイすれば、あなたの疑問に対する答えが見つかると思いますよ」。

カサンドラはファンの間でも人気が高く、彼女がEivorとクロスオーバーするというアイデアは、『アサシン クリード』チームが最初にファンアートやストーリーの中に登場させたものでした。ストーリーといえば、今回のDLCには “Assassin’s Creed Stories “というロゴが入っていますが、これはストーリーテリングの新しいブランドのようなものですよね。これは何か意図があってのことでしょうか?

“ロゴがあるでしょう?” とAraizaは続けました。”だから、もしかしたら今後も見られるかもしれません。クロスオーバーをプレイすれば、我々がどのようにこれらの出来事を見ているのか、どのようにあるものが導入されるのかが見えてくると思います」。

エツィオやアルタイアのような男性ヒーローが活躍するシリーズにおいて、カサンドラをシリーズの新たな頭脳として、あるいは将来の(あるいは過去の)主人公たちを結びつける可能性のある人物としてフォーカスするというのは、興味深いアイデアですね。Kassandraが同じような焦点を持っていることが重要なのかな、と思いました。

「それはとても難しい質問で、主観的なものです」とAraizaは答えました。「このブランドの魅力のひとつは、新しいゲームを作るたびに、主人公が誰であれ、みんなのお気に入りのアサシンになるということです。私はカサンドラが大好きです。彼女とはゲーム全体を一緒にプレイしました。Valhallaでは、Eivorと同じように感じているプレイヤーがたくさんいます。女性版であろうと男性版であろうと、誰もが好みを持っていますよね?

「遡れば、バイエックが究極のお気に入りだと言う人もいるでしょう」と彼は続けました。”だから、かなり主観的で、そのような選択をするのは難しいでしょうね。また、一つのバスケットにすべての卵を入れるべきではないと思います。私たちには、このような面白いアサシンやキャラクターを作る能力があります。それ自体が、ブランドに多様性と異なる視点を加えることにもなるのです。”

カサンドラはともかく、ヴァルハラとそのキャラクターたちの未来はどうなるのでしょうか?本日の発表では、Year2から3月のDawn of Ragnarökまでをカバーしていますが、Araiza氏はそれ以上の展開があることを確認しました。

「1年は確か12ヶ月ありますよね」と笑う。「今はまだ詳しいことは言えませんが、来年中には別のゲームモードが導入される予定です。他にもいろいろなことに取り組んでいます。できる限りサプライズにしたいと思っています。言うは易し、行うは難しですね。

シーズンごとのアクティビティは、新たにゲームを始めたプレイヤーが体験できるようになっていますが、これまでに立ち寄ったことのあるプレイヤーには追加の報酬が用意されています。例えば、雪で埋め尽くされたYule Festivalが数日後に始まります。また、「コンバットトライアル」や「チャレンジトモブ」なども期待されていますが、これらはすでに発売後に登場しています。

「Araiza氏は、「Year 2が存在する理由は、私たちがアイデアに不自由していないからです。コミュニティの声に耳を傾け、フォーラムなどでスパイ活動を行い、情報を収集しています。

「ですから、アイデアがないわけではありません。ただ、時間の問題なんです。もっと増えるかもしれない?そうしたいところですが、来年中にすべてを収めなければなりません。何を優先させるべきか?理想的な世界では、もっと時間があって、もっと探求できるといいと思うけど、それはプレイヤーとイヴ・ギユモ次第だね」。

ヴァルハラの2年目は終わり?3年目はあるのでしょうか?Araiza氏ははっきりとは言いませんが、Year2がValhallaの運命の分かれ道になるかもしれないと言っています。俗に言う “死んだ馬を叩く “ようなことはしたくありません。過剰なサービスはしたくありません…他のことに移る前に1年しかないことはわかっています」。

他にどんなことが考えられるでしょうか?多くのファンは、ヴァルハラで一緒に過ごすアサシンで、最終的に大きな秘密を持っているバシムのことをもっと聞きたいと思っています。彼についての情報は得られるのでしょうか?「とAraiza氏は語ります。「そう、答えはイエスだ。これ以上の詳細は申し上げられません。でも、はい、間違いなくバシムの続きが見られます」

You may also like

Leave a Comment