Dota 2、クリスマスに4人協力プレイとゲームパッド対応

by Michael
0 comment

これで、途中給餌をコントローラーの接続解除のせいにできる。

ValveはDota 2の大型アップデートをリリースし、一般的なバランスの変更はないものの、4人協力モードの復活、コントローラーのフルサポート、ヒーローMiranaの大幅な作り直しを特色とする。このアップデートには大量のコスメも含まれているが、Dota 2 のバトルパスを購入する必要がある。これは基本レベルでは $7.49 だが、より高価なものを購入することもできる(つまり $41.99 で 100 レベル上昇する)。

Aghanimという男があなたと同じように多次元を作り出し、そこからContinuum Vaultモードが生まれた。全プレイヤーに無料で提供され、パーティでもソロでもマッチメイキングで参加でき、ゲームのヒーロー14人を選んで走り抜けることができる。なぜ全キャラクターが揃っていないのかというと、各ヒーローにはそれぞれアップグレードの選択肢があり、「Aghanim’s Blessings」マトリックスを通過することで永久バフや新ヒーローを獲得できるようになっているからです。

これはDotaとDiabloを足したようなサウンドで、このアイデアは、より多くのパワーを持って入場し、さらに前進し、さらにとんでもない能力を発見し、また最初からやり直すことでエスカレートし始める複数の実行です。そう、これは復帰モードなのだが、クリスマスプレゼントとしては悪くないものだ。

コミュニティの間で主に懸念されているのは、このアップデートのある要素が、バトルパスの極端に高いレベルの後ろにロックされていることです。このアップデートは実質的に多くのものを無料で追加し、バトルパスのものはこれまで通り化粧品であるため、骨抜きにするのは難しいです。

例外は人気キャラクターMiranaの再調整で、これは基本的に有料であり、それでも(さらに課金しない限り)研磨に多くの時間がかかりますが、明らかに膨大な作業が行われています(たとえば、開発者は800ほどのボイスラインを再録しています)。もちろん、人それぞれ意見はあるでしょうが。また、率直に言って、曲の最後に望ましいものがなければ、プレイヤーは文句を言うだろう、という事実もあります。

最後に、嬉しい驚きは、コントローラーのサポートが追加されたことです。確かDota 2はSteamゲームパッドでプレイできたはずだが、今回はSteam Input対応デバイスで動作するようになったのだ。皆さん、Nintendo Pro Controller を用意してください。

「この機能は実験的なもので、まだ進化しています(パッチノート)。従来のやり方に慣れ親しみたい場合は、心配ご無用です。プレイ中にいつでもコントローラーとマウス+キーボードを切り替えることができます。(コントローラサポートに関する完全なFAQはこちら) そして、そう、コミュニティはすぐにこれを「侮辱の日」として捉えるだろう。アップデートは現在公開中です

Leave a Comment