今後の「ニコロデオン オールスター・ブロウル」のアップデートでは、ボイスアクターの追加などが予定されています

by Paul
0 comment

Nickelodeon All-Star Brawlの開発者が、声優の起用や専用のクロスプレイなど、ゲームの将来的なアップデートについての洞察を語っています。

Nickelodeon All-Star Brawlは、『大乱闘スマッシュブラザーズUltimate』の最終コンテンツアップデートで空いた穴を埋めようとしている数多くのプラットフォームファイターゲームの一つに過ぎません。

Brawlhalla」や「Rivals of Aether」、そして先日発表された「MultiVersus」などのプラットフォーム・ファイターは、いずれも対戦市場で厳しい戦いを強いられています。しかし、愛されているフランチャイズの象徴的なキャラクターと、それに合ったスタイルのアートワークがあれば、多くのゲームはライバルよりも優位に立つことができます。先日、『Nickelodeon All-Star Brawl』の開発者が、本作がどのようにしてプラットフォームファイターとしての独自の利点を活かし、ステップアップを目指しているかを語ってくれました。

昨日、Fair Play LabsのアートディレクターであるDiego Hernandez氏がHungryboxのライブストリームに参加し、『Nickelodeon All-Star Brawl』の将来について情報を共有しました。大乱闘スマッシュブラザーズ』の対戦プレイヤーであるHungrybox氏は、『Nickelodeon All-Star Brawl』の開発者と、後日登場するであろうコンテンツについて話をすることができました。ヘルナンデスは、開発者が当初から優先していたクロスプレイについて、これまで搭載されていなかった要望の高い機能が、今後のアップデートとともに間もなく実装されると述べています。

ヘルナンデス氏が「聴覚」という言葉を強調していることから、ファンは専用の声優をほのめかしているのではないかと推察しています。実際、MultiVersusの競争力は、バットマン役のケヴィン・コンロイ、シャギー役のマシュー・リラード、アーヤ・スターク役のメイジー・ウィリアムズなどの声優を起用することを示す公式のショーケースやプレゼンテーションで明らかにされていました。Nickelodeon All-Star Brawl社は、このような状況に甘んじることなく、競争力を高めるために必要な資金を提供する用意があることは明らかです。

Nickelodeon All-Star Brawl」と「MultiVersus」は、どちらも人気の高いフランチャイズIPを扱っているため、より成功したプラットフォームファイターになるためには、他のゲームよりも有利な条件が必要となります。また、プレイヤーの興味をそそる新たなDLCキャラクターが登場する可能性もあります。さらにヘルナンデス氏は、無料のDLCキャラクター2体のうち2体目がガーフィールドに続いて登場すること、そして他のキャラクターももちろん年明けに予定されていることを明かしています。

この調子でいくと、『Nickelodeon All-Star Brawl』のキャラクター発表は、2022年を通して『MultiVersus』の発表と重なるかもしれません。ニコロデオンのアニメやキャラクターは優れた声優を起用していることで知られていますが、声優を起用することで、少なくともニコロデオンのIPであることがより明確になり、他のゲームとは一線を画すことができるでしょう。新年に両ゲームがどのような結果になるのか、また、他の画期的なプラットフォーム・ファイター機能が導入されるのか、注目したいと思います。

You may also like

Leave a Comment