玄信インパクト アップデート2.4で桜の木のレベルが10段階に増えるらしい

by Diana
0 comment

最近の玄信インパクトのリーク情報によると、次のアップデート2.4では、ついに聖なる桜の木のレベル制限が40から50に拡張されるらしい。

七つの石像は、テレポート、ヒーリング、マップの新たな部分の公開など、源心インパクトではさまざまな機能を持っています。最近のアップデートでイナズマ地方が追加されましたが、地方が増えるごとに「七人の像」も追加されています。

イナズマの聖なる桜の木として知られるこの像にエレクトロキュールを集めて捧げると、様々な情報が得られます。今回のアップデートでは、「聖なる桜」の最大レベルが40から50に引き上げられることが、Ubatcha1というGenshin Impactの有力なリーク情報から明らかになりました。

これまでの2つの地域、モンドシュタットとリユエでは、提出したオキュラスがスタミナの増加を与えており、それがプレイヤーができるだけ早く集めるための主な理由の1つとなっていました。しかし、イナズマのオキュラスはスタミナに全く影響を与えないため、貴重なプロモジェムで補うことができます。残りの10レベルについては、「プリモジェム」が「絡み合う運命」に変更されることを除いて、特に変更はないようです。

多くのファンが悪名高い「キャズム」の登場を期待していましたが、多くの信憑性の高い噂により、次期リージョンが「エンカノミヤ」であることが確認されています。最近のリーク情報によると、「Enkanomiya」のマップとテレポート・ウェイポイントが明らかになっています。この地域は、何層にもわたって探索可能な土地を持つ「Dragonspine」と同様に機能する可能性があります。また、新地域は、アップデート1.6でプレイヤーが探検できた限られたArchipelago地域と同じように機能するのではないかというリーク情報もあります。アルキペラゴの島々は、特殊な輸送手段である小型の船を使わないとアクセスできませんでした。

Genshin Impact Version 2.3では、コンテンツ、特にキャラクターの追加が行われました。最初のサイクルでは、オイラかアルベドの2人の限定五つ星キャラを同時に引き当て、同時に五つ星の情況を築くことができる初のダブルバナー機構が導入されました。2.3アップデートの第2弾では、待望のDPSキャラクターであるアラタキ・イトウと、そのサポート役であるゴロウの2人の全く新しいジオキャラクターが登場しました。

一刀、五郎、アルベドの3人は、一刀がメインのDPS、他の2人がサポート役となる、非常に強力な玄人インパクトパーティとなります。同じエレメントを使うキャラクターでパーティを組むのは、通常はよくないこととされていますが、このパーティでは、ジオのユニークなエレメントリアクション「クリスタライズ」が他のエレメントとは独立して動作するため、うまく機能しています。また、ZhongliのようなGeoのサポート/サブDPSキャラクターを追加することで、あらゆるタイプのエレメンタルシールドを打ち破ることができるため、このチームをゲーム内で最強のものにすることができるでしょう

You may also like

Leave a Comment