World of Warcraftのキャッシュショップのアイテムがドラゴンをテーマにした新エクスパンションのヒントになるかもしれません

by Christian
0 comment

World of Warcraftはキャッシュショップでドラゴンのマウントやミニオンのホリデーセールを開催しており、次のエクスパンションのテーマについてプレイヤーの間で憶測が広がっています。

World of Warcraftのキャッシュショップには、プレイヤーがゲーム内で使用するためにリアルマネーで購入できるペットやマウント、その他のコスメティックアイテムがたくさんあります。最近のホリデーセールのパッケージである「ドラゴンパック」では、多くのプレイヤーが点と点を結びつけて、ゲームの第9次拡張パックが何であるかを推測しています。

WoWのDragon Packには、人気のある鱗状の生物をテーマにした5つのマウントと2つのペットが含まれています。このバンドルは、元の価格の約3分の1の価格で、真新しいフェアリードラゴンのミニオンも1つ含まれています。

多くのWorld of Warcraftプレイヤーは、このパックのドラコニック・テーマについて熟考しています。人気のあるドラゴンですが、Shadowlandsのストーリーではドラゴンは重要な役割を果たしていません。これは、World of Warcraftが近い将来、Dragon Islesに行く可能性を示唆していると考える人もいます。Dragon Islesは、未使用の資産やクエスト、さらには最近話題になったExploring Azerothなど、多くのWoWの伝承書に記載されている謎の島々です。また、最近では物議を醸しているExploring Azeroth: Kalimdorという伝承書もあります。元々バーニング・クルセードのレイド・ゾーンとして計画されていたことと、ドラゴンと旧神が関係していることを除いては、ほとんど知られていません。


キャッシュショップはこれまでもWarcraftの未来を示す微妙なヒントを運んできており、それがプレイヤーをこの結論に導いてきました。Sylvarian DreamerとVulpine Familiarのマウントは、どちらもShadowlandsの前にリリースされ、Ardenwealdの死後の世界の中でクリーチャーとして発見されただけでした。また、ブラッドエルフをテーマにしたSunwarmed Furlineのような最近のキャッシュショップアイテムは、15年前に開発されたSilvermoonとQuel’thalas(地理的にDragon Islesが当初計画されていた場所に近い地域)のリニューアルを示唆しており、Sylvanas Windrunnerを起用した最近のShadowlandsのストーリーシネマティックで見られるアセットの更新により、さらに強化されています。

ドラゴンは、World of Warcraftのファンが大好きな生き物のひとつです。Dragon Islesのストーリーは、Azerothの歴史にも深く関わってきます。Shadowlandsの最大の不満点は、Warcraftの特徴から離れていることです。もしWoWがDragon Islesで形を取り戻せば、特にWorld of Warcraftで最もプレイされている種族の本拠地であるQuel’thalasが刷新されれば、ファンは大喜びするでしょう。

しかし、プレイヤーはまだ興奮しすぎてはいけません。Shadowlandsは、来るEternity’s Endパッチで物語を終えますが、次の拡張パックについては発表していません。また、批判的なプレイヤーは、誇大広告や噂、キャッシュショップの化粧品に惑わされて、Blizzard社が昨年から関わってきたスキャンダルへの対応の悪さから目をそらさないよう、仲間のファンに注意を促しています。社内で永続的かつ意味のある変更を行うまでは、非常に望まれているDragon Islesの拡張であっても、Blizzardがここ数年で自らに与えたダメージを修復するには十分ではないかもしれません。

World of Warcraft: Shadowlands は PC で発売されています。Eternity’s Endは現在開発中です。

You may also like

Leave a Comment