エイペックス・レジェンド、「イヤー・イン・レビュー」統計を発表

by Michael
0 comment

カレンダーが2022年に切り替わる前に、Apex Legendsの開発元であるRespawn Entertainmentは、ゲームの2021年の「イヤー・イン・レビュー」統計を発表しました。

疑いもなく、Apex Legendsは浮き沈みの激しい大きな1年でした。多くの人がApex Legendsシーズン10を悩ませたサーバー問題を覚えていると思いますが、Storm Pointの導入により、ファンのマップに対する考えが一変しました。バフや変更を求める声は絶えませんでしたが、Wattsonはついに日の目を見ることになりました。何はともあれ、今年は大きな一年であり、2022年もApexにとっては良い年になりそうです。

もちろん、前を向くときには、常に後ろを振り返ることも大切です。Respawn Entertainmentは、古典的な「1年の振り返り」というアプローチで、Apex Legendsのプレイヤー統計を楽しく、興味深いものにしています。どれも特に驚くようなものではありませんが、知っているだけでもかなりクールです。

ソーシャルメディアで3つの新しい画像を公開しました。最初の画像では、220億人以上のApex Legendsプレイヤーが殺されたことを確認できます。通常のトリオマッチでは、1つのスクワッドが勝利を収めるためには57人のプレイヤーが死ぬ必要があり、220億を達成するためには、かなりの計算とマッチが必要となります。その中でもApex Legendsが注目するのは、ゲーム内で最も「記憶に残りやすい」「最悪の銃」と称されることの多いモザンビークです。があります

その他の統計では、55億人のApex Legendsプレイヤーが復活し、160億回のultimatesが今年使用され、2700万個のNessiesが配置され、10億回のリスポーンが行われました。これは、Apexを含む多くのマルチプレイヤーゲームでは、時に経験を台無しにする有害なプレイヤーが存在することを考えると、喜ばしいことです。Respawn EntertainmentからApex Legendsのコミュニティまで、「ありがとう」の数に「+1」をつけて、「Year in Review」の統計は終了しました。

2021年が終われば、次の大きなハードルはもちろん2022年です。2022年の「Apex Legends」についてはあまり知られていませんが、いくつかのことが予定されています。2月にはApex Legendsシーズン12が開始されますが、多くのCryptoのメインプレイヤーがWattsonのようなリワークやバフを待っています。

さらに、PS5とXbox Series Xに対応したApex Legendsが来年発売される予定です。また、新たな伝説、新たなマップ、さらには新たな驚きを提供するバトルロイヤルゲームとして、年明けからの発売を期待しています。

Apex Legends』は、PC、PS4、Stadia、Xbox Oneで発売中です。

You may also like

Leave a Comment