ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の原作者が新作モバイルゲームをリリース

by Paul
0 comment

ソニック・ザ・ヘッジホッグの生みの親が新作モバイルゲームをリリース

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」は、1990年代初頭のゲーム機戦争でセガを躍進させ、若き日の中裕司をゲーム業界の注目の的にした。ソニック・ザ・ヘッジホッグ』から30年、中裕司は今もゲームを作り続けている。しかし、ゲーム業界のベテランが初めてモバイルゲームに足を踏み入れたことで、新たな市場を開拓しているようだ。

とはいえ、中田氏がしばらくゲーム開発から離れていて、ようやく戻ってきたというわけではない。今年初め、中田はスクウェア・エニックスで『バラン・ワンダーワールド』を開発し、Metacriticで今年最も評価の低かったゲームの一つとなりました。バラン・ワンダーワールド』は、メカニックの使い方に一貫性がなく、ゲームが進むにつれていくつかのメカニックが追加されたり忘れられたりすることから、操作性やプラットフォームの問題に至るまで、中裕司が再び輝く姿を期待していた多くの人々を失望させた。バラン・ワンダーワールド』の発売後、中田氏はスクウェア・エニックスを退社し、引退を考えていることを公言した。

PocketGamer.bizのAaron Orr氏が取り上げたように、中裕司氏は初のモバイルゲーム「Shot2048」をリリースしました。中裕司氏は「ハイパーカジュアル」なゲームと表現していますが、ゲームの内容は、数字の書かれた多面体を同じ数字の多面体に発射して、スコア2048を目指すというものです。オア氏によると、仲氏は今年スクウェア・エニックスを退社した後、仕事を見つけることができず、最終的にShot2048を自分で作ることに決め、一人で運営しているPrope社からリリースしたとのことです。Shot2048の開発期間は約6ヶ月で、iOSとGoogle Playでダウンロードが可能です。

オアの記事の後半で、仲はShot2048の開発についてさらに詳しく説明しています。ソニック・ザ・ヘッジホッグ』や『バラン・ワンダーワールド』のような新作ではなく、『Shot2048』を作った理由について、中は「キャラクターを使ったアクションゲームをいろいろな人と一緒に作るのは好きだけど、一人でやるには絵が下手だから、ハイパーカジュアルゲームを作ろうと思った」と説明しています。仲は、モバイルゲームの人気は今後も続くと考えており、インスピレーションが湧けば別のタイトルを作ることも厭わないという。「ハイパーカジュアルなゲームを作るのは簡単ですが、それをリリースするための機能、例えば、デバイスサポート、課金、広告、共有、レビューなどを作るのは大変です」と中はShot2048の開発について語っている。

中裕司さんが引退を考えていると聞いて寂しかったので、中裕司さん自身が新作を発表するのは喜ばしいことです。これまでの作品とは全く異なるものではあるが、中氏にとって「Shot2048」は、どこにも就職できなかった中氏が業界にアクセスし続けるためのものでもある。バラン・ワンダーワールド』は、商業的にも批評的にも、中田氏やスクウェア・エニックスが望むような結果にはなりませんでしたが、それが中田氏の言う「キャラクター主導のアクションゲーム」を作る妨げになってはなりません。

You may also like

Leave a Comment