Yoko Taro Says Nier Series is Officially ‘Finished’ Unless Given Money For More

by Paul
0 comment

ニーアシリーズの生みの親であるヨーコ・タロー氏は、さらなるゲームのために多額の資金を与えられない限り、フランチャイズは「終わった」と主張しています

ここ数年でブレイクしたフランチャイズのひとつが、謎めいたヨーコ・タロウ氏が指揮を執る「ニーア」シリーズです。エキセントリックな日本のゲーム開発者である彼は、信じられないほど型破りなゲームデザインと作風で知られており、人間の暗いテーマを探求することでも知られています。このことは、『ニーア』とその続編に登場する多くのキャラクターに見られます。また、彼は、ゲーム開発に関する様々なビデオやコメントに見られるように、少し風変わりで控えめな人物でもあります。

ニーアのTwitterアカウントに投稿された、シリーズプロデューサーの齊藤陽介氏と作曲家の岡部啓一氏が出演するお祭り騒ぎのような動画を見ると、それがよくわかります。3人は、初代『ニーア』の発売からの10年間を回想しています。齊藤氏は、パンデミックの影響でコンサートが開催できなかったことを残念に思っていたと語ります。その一方で、『ニーア レプリカント』が100万本以上売れたことが嬉しかったとコメントしています。

斉藤氏は、横山太郎氏と岡部啓一氏に「ニーアシリーズで何かやりたいことはありますか」と質問したところ、太郎氏は「何もありません!」と答え、岡部氏を笑わせていた。斎藤氏は、太郎氏がこのままでいいのか、ここで終わってもいいのかと質問し、「ニーア」シリーズは正式に終了したと宣言した。

斉藤は、太郎の変わり者の性格から、その宣言は嘘に近いのではないかとコメントし、太郎もそれに同意する。さらに太郎は、岡部と一緒に「大金」を手に入れれば、ニーアのゲームをもっと作れると言い、仲間の笑いを誘ったという。3人とも自虐的なユーモアが好きなので、シリーズの終わりではない可能性が高いですが、現在は次のゲームは制作されていないようです。

ファンもこれでニーアが終わるとは思っていなかったようですが、3人のメンバーのコメントを見て、より楽しみになった人も多いようです。3人は、『ニーア レプリカント』の発売がいかに好意的に受け止められているか、そしてファンがこれからもシリーズを応援してくれることを願っていることを表現した。特に岡部さんは、パンデミックが終われば、海外の多くのファンに会えると期待しているそうだ。

You may also like

Leave a Comment