Riot Games、男女差別訴訟で1億ドルの支払いに合意

by Michael
0 comment

|日本郵船

Riot Gamesが2018年に起こされた男女差別訴訟で和解に達し、なんと総額1億ドルを支払うことに合意しました。

2018年、Riot Gamesに対して男女差別訴訟が提起され、Activision BlizzardやUbisoftなどのスタジオで何十年にもわたって行われてきた不正行為や職場でのハラスメントを発掘した、業界全体の動きの始まりを意味するものだったかもしれません。

Riot Games社に対しては、1月7日、同社の最高経営責任者であるNicolas Laurent氏を巻き込んだハラスメントと差別に関する訴訟が提起されました。この訴訟では、元エグゼクティブ・アシスタントが、ライオット社のCEOが、一般的な不正行為の中で、訴訟の提起者に対して不適切な性的誘いを行ったと主張しています。Riot Gamesが雇った第三者による調査の結果、不正行為の証拠は見つからなかったため、ニコラ・ローランは会社での地位を堅持しています。

本日、2018年の訴訟がついに和解に至り、男女差別訴訟の弁護士と対象となる被害者に1億ドルが支払われました。Riot Gamesの元従業員と現従業員の2,300人の対象労働者のうち、同社での勤務期間が長い人ほど、和解金の配分が大きくなり、総額のうち2,000万ドルが原告の弁護士費用に充てられることになります。

当初、Riot Gamesは2019年に1,000万ドルで和解することに合意していましたが、Riot Gamesの被害者には4億ドルもの権利があるはずだと主張するカリフォルニア州公正雇用住宅局の介入により、合意は阻止されました。

和解の最も興味深い点は、1億ドルの支払いではなく、Riot Gamesが特定の職場方針の改革に同意したことにあります。最も注目すべき点は、求職者の給与体系の透明性を高めるとともに、Riot Gamesを3年間にわたって第三者が監視することに同意したことです。この第三者は、Riot Gamesと公正雇用住宅局の両方から承認を受ける必要があり、人事に関する苦情が適切に処理されているかどうか、また、性別に関係なく従業員の給与が公正に支払われているかどうかを監督する役割を担います。

また、ライオットゲームズの更なる不正行為や、職場文化の改善に向けた取り組みの不足を第三者が発見した場合には、諮問機関としての役割を果たしながら同社に提案を行い、必要に応じて訴訟を担当する裁判官が提案された変更点を実施する権限を与えられます。

Netflixの映画「Arcane」の大ヒットにより、「League of Legends」に新たな注目が集まっていることから、Riot Gamesの商業的な将来性は期待できそうです。しかし、過去の過ちを乗り越え、ゲーム業界の優良企業として復活するかどうかは、まだわかりません。

You may also like

Leave a Comment