Fall Guys Guestravaganza イベント ビデオゲームのスキンを復活させる

by Michael
0 comment

2021年の終わりを記念して、Mediatonic社はFall Guysの最大のコラボレーションをゲーム内ストアを通じて毎日復活させています。

人気のパーティーゲーム「Fall Guys」の最大の功績の一つは、その数々のコラボレーションです。そのリストには、インディーズタイトルとPlayStationのファーストパーティ独占タイトルの両方に登場するビデオゲームのキャラクターのほか、Radioheadの「泣き虫ミノタウロス」や「ジャングルブック」の数種類の動物など、他のメディアのキャラクターも含まれています。しかし、Mediatonic社のコラボレーションの大きな批判点は、その入手方法が限られていることです。そこでFall Guysでは、ホリデーシーズンを記念して、様々なコラボレーションスキンを復活させる特別イベント「Guestravaganza」を開催します。

12月28日から1月3日まで、「Fall Guys」に「Guestravaganza」が登場します。毎日、「Fall Guys」の過去のコラボレーションスキンがゲーム内のストアフロントで再販売され、その後、別の特別な機会まで保管室に戻ります。それぞれのスキンは1日のみの販売となりますが、スキンによっては1日の間に異なるパーツが販売されることもあります。また、これらのスキンは割引されませんので、Fall Guysプレイヤーはクラウンを貯めておかないと損をします。

過ぎ去った12月28日、MediatonicはCupheadのスキンを合計10クラウンで販売しました。また、28日にはFall GuysファンのHoggysArt氏のユニークなイノシシのスキンを半分ほど販売しました。12月29日(水)には、HoggysArtさんのスキンの後半部分だけでなく、「Nier Automata 2B」のスキンも販売されています。彼女もまた、12月29日にストアから姿を消すまで、合計で10クローンの高額な費用がかかります。

もちろん、他にもたくさんのコラボスキンが用意されています。ゲストラバガンザの残り時間で、メディアトニックはさらに7つのスキンを販売する予定です。再販が決定しているのは、「ショベルナイト」、「ガチョウのゲームまで」のガチョウ、「Enter the Gungeon」のバレットキン、「ボンバーマン」、「ガトーロボ」、「メッセンジャー」、「ケーナオブケーナ 精霊の橋」です。サプライズがなければ、これが復帰スキンの全リストとなるはずです。

Mediatonic社がこれらのスキンを復活させる理由については、Fall Guysコミュニティからの人気の高いリクエストであるとしています。それ以外のスキンについては、特にパターンはありません。実際、これまでのFall GuysのすべてのシーズンのスキンがGuestravaganzaで復活しています。注目すべき点は、ソニック・ザ・ヘッジホッグやDoomなど、Fall Guysの大規模なコラボレーションのほとんどが含まれていないことです。

しかし、Fall Guysファンにとっては楽しいイベントであり、多くの人が見逃してしまった限定スキンを手に入れるチャンスでもあります。しかし、1セット10クラウンという価格は、ほとんどのFall Guysプレイヤーが逃してしまう楽しいイベントかもしれません。

Fall Guys は PC と PS4 で発売中です。

You may also like

Leave a Comment