Demon’s Souls PS5のグラフィックはElden Ringに「特別なプレッシャー」を与えている

by Diana
0 comment

)

宮崎英高監督によると、PS5リメイク版『Demon’s Souls』の圧倒的なビジュアルが『Elden Ring』に「特別なプレッシャー」を与えているとのことです。

フロム・ソフトウェアが発売を予定しているオープンワールドのソウルライクなタイトル『Elden Ring』は、2022年に最も期待されているゲームの1つです。しかし、近年発売されたソウル系タイトルはこれだけではなく、Elden Ringの開発者の中には、自分の作品をDemon’s SoulsのPS5リメイク版と比較している人もいるようです。最近発売されたDemon’s Soulsのリメイク版とそのPS5のグラフィックが、Elden Ringのグラフィック制作スタッフに大きなプレッシャーを与えているようです。

PS5リメイク版「Demon’s Souls」は、これまでに発売された次世代ゲームの中でも最も美しいグラフィックの1つとされており、その存在がエルデン・リングの開発者にプレッシャーを与えていることは容易に理解できるかもしれません。Bluepoint社が開発した初代『Soulsborne』は、PS5のローンチタイトルとして発売され、そのビジュアルが広く評価され、次世代コンソールゲームの水準を高めることに貢献しました。

2009年に発売されたオリジナルの『Demon’s Souls』と『Elden Ring』の両方の監督を務めた宮崎英高氏は、雑誌『Edge』の最新号で、『Elden Ring』のグラフィックチームが『Demon’s Souls』のリメイク版に最も影響を受けたと考えていると述べています。フロム・ソフトウェアのソウルライクなゲームは、主にそのダークな世界観と残虐な戦闘で知られているため、この発言は一部のファンにとって意外なものかもしれません。宮崎英高氏は、「フロム・ソフトウェアのゲームでは、グラフィックの忠実性は必ずしも最優先事項ではない」と述べています。また、「Demon’s Souls」のリメイク版に対抗するために多大な努力をしてきた「Elden Ring」のグラフィックチームに対して、少し申し訳ない気持ちがあると述べています。

Elden Ringは、フロム・ソフトウェアの過去のゲームや、『ロード・オブ・ザ・リング』や『ゲーム・オブ・スローンズ』などの壮大なファンタジー作品からインスピレーションを受けています。そう考えると、フロム・ソフトウェアが自分の作品を過去の作品と比較するのも納得できるかもしれません。しかし、宮崎英高氏は、『Demon’s Souls』の印象的なビジュアルに比べて、『Elden Ring』のグラフィックが劣っていることを特に気にしていないようです。

エルデンリングのグラフィックチームがDemon’s Soulsのリメイク版の存在に最も影響を受けている理由のひとつは、宮崎英高氏自身がDemon’s Soulsをプレイしていないことだと思います。宮崎英高氏は「Demon’s Souls」のリメイク版をプレイしておらず、「Elden Ring」をプレイする予定もないそうです。宮崎英高氏によると、彼は自分の作ったものを再訪するのが好きではないそうです。しかし、Bluepoint社が開発したソウルライクなオリジナルタイトルを実際にプレイするつもりはないとのことです。

Elden Ring』は、PC、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X向けに2月25日に発売されます。

You may also like

Leave a Comment