コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2 マルチプレイヤー リマスタード』に何が起こったのか、リークが明らかに

by Michael
0 comment

Call of Duty: Modern Warfare 2 Remasteredについて、新たなリーク情報から待望の答えが得られ、Call of Duty 2022についての詳細も共有されました

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』は、フランチャイズの中でも最も愛されているゲームのひとつであり、それには理由があります。そのため、ファンは2020年にキャンペーン以上のリマスターを期待していましたが、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」のファンはもともとその願いを叶えようとしていたようです。

2009年に発売された本作のキャンペーンはファンに愛されており、そのアップグレード版を見ることができたのは喜ばしいことだったが、本作が真に輝いていたのはマルチプレイだった。Co-opモード「Spec Ops」の最高の出来栄えとともに、「Modern Warfare」2作目では、レンジャーショットガンやInterventionスナイパーライフルといった象徴的な武器が登場しました。すべての武器が強力で、ゲームは信じられないほど楽しく、マップのラインナップには「Terminal」「Rust」「Highrise」といったクラシックなものが含まれています。
コール オブ デューティ 4 モダン・ウォーフェア」のリマスター版では、マルチプレイヤーのコンテンツが復活したにもかかわらず、ファンは続編のリマスター版マルチプレイヤーにアクセスできませんでした。Call of Duty: Modern Warfare 2 Remastered」のマルチプレイヤーMODを作って対応している人もいれば、噂されていたリマスターのオンライン部分がどこに行ったのか気になっている人もいるでしょう。Redditorのmaneil99によって分解された評判の良いインサイダーTom Hendersonの最近のビデオによると、マルチプレイヤーはModern Warfare 2019年頃に発売されるはずでした。

明らかに、そのマルチプレイヤーは来なかった。ヘンダーソンは、リマスターのために作業されていたすべてのコンテンツは、代わりに『コール オブ デューティ 2022』に組み込まれると主張している。Modern Warfare 2019」の続編であることはほぼ確定しており、2022年のCoDゲームがこのコンテンツを採用することは理にかなっていますが、コミュニティの反応が気になるところです。クラシックなマップや武器が復活するのは喜ばしいことですが、Call of Duty 2022エンジンでは間違いなく異なるプレイになるでしょう。とはいえ、愛されてきたゲームのマルチプレイヤーの一部のコンテンツが新たに塗装されることは喜ばしいことだ。

Call of Duty: Modern Warfare 2 Remastered」のマルチプレイヤーが「2022」に吸収されたというニュースにがっかりするファンもいるかもしれませんが、今年のシリーズ作品には大量のマルチプレイヤーコンテンツが用意されているはずなので、明るい話題です。また、ヘンダーソン氏は、『Call of Duty 2022』のリークされたDMZモードが、ユニークなマップと複雑なAIを備えていることを紹介しています。また、Henderson氏はフリープレイのコンテンツを示唆し、開発は順調に進んでいると述べており、プレアルファ版の映像は良好なものであると思われます。

Call of Duty 2022』のキャンペーンでは、Task Force 141にも焦点が当てられると予想されており、このゲームは観客を喜ばせるものになるはずです。初代『Modern Warfare 2』のフルリマスターには及ばないものの、少なくともCall of Dutyファンは、最新のリーク情報が正確であれば、2009年に発売されたゲームの内容を期待することができるだろう。

You may also like

Leave a Comment