トライアングル・ストラテジー』ボックスアートが初公開!

by Daniel
0 comment

←クリック

スクウェア・エニックスのタクティカルRPG『トライアングル・ストラテジー』のボックスアートが、発売を目前にしてついに公開されました。

2018年にスクウェア・エニックスから発売されたロールプレイングゲーム『オクトパス・トラベラー』は、レビュー集計機関のMetacriticによると、発売時に「おおむね好意的」な評価を得ており、RPG愛好家たちは、レトロな雰囲気とHD 2Dのビジュアルが融合した独特のゲームを高く評価していたようです。そのため、2021年2月に行われたNintendo DirectのプレゼンテーションでSwitch専用ソフト『Triangle Strategy』が発表されたとき、多くのファンが興奮したのは当然のことでした。このタクティカルRPGの開発は、『オクトパス・トラベラー』や『ブレイブリーデフォルト』のプロデューサーである浅野智也氏が担当するとのことで、ゲーマーたちは期待に胸を膨らませていました。

2月の発表と同時に公開された『トライアングル・ストラテジー』のデモでは、ゲームのストーリー、ゲームプレイ、グラフィックスタイルなどが明らかにされました。トライアングル・ストラテジー』は、『ファイナルファンタジータクティクス』からインスピレーションを受けているようです。『ファイナルファンタジータクティクス』は、タクティカルRPGのパラダイムとして愛されてきたゲームです。また、50時間のゲームでは、「オクトパス・トラベラー」と同じHD 2Dのビジュアルスタイルを採用しつつ、より成熟したストーリーと大規模なドラマを提供しています。

2022年3月4日発売予定の『トライアングル・ストラテジー』のボックスアートが先日公開され、『オクトパス・トラベラー』の表紙を彷彿とさせるスタイルとなっています。しかし、スクウェア・エニックスのゲームでは、8人のメインキャラクター全員が描かれていましたが、『トライアングル・ストラテジー』のボックスアートでは、丘の上に立つセレノア・ウォルファルトだけが背中を向けて描かれています。トライアングル・ストラテジー』公式Twitterアカウントの投稿によると、今回のボックスアートは発売前の最後の追い込みとなっています。

You may also like

Leave a Comment