Bungieが「Destiny 2」のアニバーサリーコンテンツのVault化スケジュールについてコメント

by Michael
0 comment

Destiny 2のゲームディレクターJoe Blackburn氏が、Witch Queen発売時にAnniversaryコンテンツがVault化されるかどうかをついに確認しました。

Destiny 2』は2017年の発売以来、最高の状態にあると多くの人が主張していますが、体験はまだ完璧ではありません。全体的な物語や「アストラル・アライメント」のような季節的なアクティビティなどの特定の要素は、プレイヤーベースで大ヒットしています。しかし、多くのプレイヤーにとって、舞台裏には刻々と進むタイマーがあり、アクティビティ、目的地、ギアなどを最終的に引退させる物議を醸す機能である「Destiny Content Vault」の中でコンテンツが削除される時が少しずつ近づいています。

「Destiny Content Vault」は、拡張パック「Beyond Light」の発売と同時に登場し、「イオ」のようなクラシックな目的地や、「レッドウォー」のようなキャンペーンなどが削除されました。多くのプレイヤーがコンテンツの削除に不満を抱いていますが、Bungieは、これ以上拡張し続けることができないゲームの長期的な健全性のために必要であると主張しています。Forsaken拡張版が次にVault化されるゲームの一部であることから、多くのプレイヤーはBungieのアニバーサリーコンテンツの運命と、それがいつゲームから削除されるのかについても心配し始めています。

ウィッチクイーン拡張が間近に迫る中、Vault化されるコンテンツのリストは増え続けています。また、Bungie社が最近発表したガイドには、HELM、Tangled Shore、Forsaken Campaignなど、5年目にDestiny Content Vaultに配置されるコンテンツの詳細が記載されています。また、Destiny 2のゲームディレクターであるJoe Blackburn氏は、Young Horsesの共同設立者であるPhilip Tibitoski氏のTwitterに反応し、Anniversary Contentがすぐにはどこにも行かないことを確認しました。

このニュースは、特別な鎧や装飾品をアンロックするためにXurとの評判を挽回し続けているプレイヤーや、追加された様々な鎧や武器の完璧なロールを探しているプレイヤーにとって、少しは安心できるものでしょう。また、ヴィドマスターシールを完成させるための時間も増え、青の装備だけでGrasp of Avariceダンジョンを完璧にソロでクリアした人のように、クレイジーな新しいチャレンジに挑戦することも可能になりました。

コンテンツ保管庫の存在についてはファンの間でも議論が続いていますが、Bungieは、保管庫に入ったものすべてがそこに残るわけではないことを確認しています。実際、「Destiny 2」では、1作目に登場したムーンの行き先がすでに戻ってきており、さらに多くのコンテンツが新たに塗装されて戻ってくることなどが示唆されています。8月には、ブラックバーン氏が、以前に保管されていた2つのクルーシブルマップが、最近のゲームエンジンのアップデートに対応するように調整されて、シーズン16で復活することを再度確認しました。

Destiny 2は、PC、PS4、PS5、Stadia、Xbox One、Xbox Series X/Sで発売中です。

You may also like

Leave a Comment