destiny 2, pc, stadia, steam, xbox one, xbox series x, xbox series s, ps4, ps5

by Christian
0 comment

『新ポケモンスナップ』のディレクターが、このスピンオフ作品の成り立ちを語り、最終的にどのようにして続編が誕生したのかを紹介します。

NINTENDO64で発売された『ポケモンスナップ』から20年以上の時を経て、『新ポケモンスナップ』というユニークなスピンオフ作品の続編が誕生しました。このゲームはバンダイナムコと共同で開発されたもので、昔のファンに懐かしさを感じさせるだけでなく、若いファンにもフランチャイズの中で最も象徴的な生き物を撮影する方法を体験させることができます。本作は、オンレールの写真撮影をベースにした「シューティングゲーム」というユニークな前提のおかげで、2021年に発売されたSwitchのゲームの中でも最高の作品の1つであると考えるファンもいるかもしれません。

また、本作は発売後のサポートも充実しており、「New Pokemon Snap」に新たなエリアや生き物を追加する大規模なDLCが登場しています。本作では、「スノアラックス」や「サイダカ」などの代表的なポケモンに加え、昼間と夜間の2種類のエリアが追加されています。これらのポケモンや環境、生物の姿は、最新のHDグラフィックスで美しく表現されており、ファンはお気に入りの写真を撮るために工夫を凝らしています。このプロジェクトの主要メンバーであるポケモン社長の石原恒和氏とディレクターの洲崎春樹氏が、スピンオフ作品の新たな展開について語っています。

石原氏はファミ通のインタビューで、初代『ポケモンスナップ』の続編を旧世代の任天堂機で実現しようとする試みが何度もあったことを明かし、ゲームキューブやWiiなどのゲーム機で続編が登場するという話もあったと語っています。石原が指摘した最大の問題点は、写真を撮ることが90年代のように斬新ではないというゲームのコンセプトにありました。これには、ゲームを現代風にするための新しいギミックをデザインすることも含まれており、開発に着手するには難しい部分があったという。

続いて、「ポケモンスナップ」ができたのは「ポッ拳」があったからだという話になり、石原は、バンダイナムコの須崎チームが背景を詳しく説明してくれたことに驚きました。それは、ポケモンの数や、ゲームのコア部分とは関係ない段階で実装された要素などです。石原は、須崎たちに何か要望を出したかと聞かれると、「具体的なことはほとんど言わない」と答えている。

また、須崎は「新ポケモンスナップ」のゲーム性を変えようとしたが、N64で発売されたゲーム性を踏襲することにしたという。これは、N64版のゲーム性を踏襲することで、オリジナルのゲーム性をより現代的なものにするための反省点が見つかったからです。

新ポケモンスナップは、Nintendo Switchで発売中です。

You may also like

Leave a Comment