PS VR2は4K HDRを搭載、詳細が明らかに

by Michael
0 comment

|日本郵船

次のステップとなるPlayStation VRの詳細が公式に発表され、4K HDRディスプレイ、アイトラッキング、センサリーフィードバックなどが明らかになりました。

バーチャルリアリティは、開発者にとって、プレイヤーを自分が作ったゲームの世界に引き込むユニークな方法であり、スクリーンに映し出されるのではなく、プレイヤーが自分の周りにあるものと対話し、見ることができます。ゲームにおけるバーチャルリアリティはすぐには実現しないと思われますが、ソニーはこのメディアにおける次のステップを明らかにしました。

今回の発表は、今まさに始まったばかりのCESトレードショーで行われました。今回の発表では、PS VR2に搭載されるバーチャルリアリティヘッドセットの概要が明らかにされました。

PS VR2ヘッドセットのスペックは非常に高く、Valve Indexのような現在販売されているヘッドセットの優れた競争相手となる可能性があります。このヘッドセットの有機ELディスプレイは、片目2000×2040の4K解像度、90/120Hzのリフレッシュレート、110度の視野角、そしてユーザーの目の間隔や瞳孔の距離に合わせて調整可能なレンズを備えています。

PS VR 2の最もユニークな点の一つは、アイトラッキングです。ソニーによると、プレイヤーの目の動きを正確に測定し、そのデータをゲーム内で「ゲームキャラクターへの追加入力」として活用することができます。この機能はバーチャルリアリティの世界では比較的新しいもので、現時点ではOculus Quest 2やValve Indexにも搭載されていません。

PS VR 2は、Oculus Quest 2とは異なり、PS5本体との組み合わせを前提としており、ワイヤレスのバーチャルリアリティヘッドセットではありません。しかし、前モデルと比較していくつかの改善点があります。それは、1本のケーブルのみを使用するようになったことで、絡まったり切断したりすることなく、より簡単にプレイできるようになったことです。また、Oculus Quest 2と同様に、PS VR 2はインサイドアウト・トラッキングを採用しているため、プレイヤーは部屋のあちこちにセンサーを設置する必要がありません。

PS VR 2には、「PlayStation VR2 Sense」と呼ばれる専用のコントローラーも導入されます。このコントローラーは、独自の感覚的なフィードバックを提供すると説明されており、おそらくPS5のDualSenseコントローラーと同様の技術を利用していると思われます。このヘッドセットには、これまでのVRヘッドセットにはないユニークな機能が搭載されています。例えば、ヘッドセットには触覚フィードバックが搭載されており、ゲーム内で物や武器が飛んできたり、キャラクターの脈拍が高くなったりするのをプレイヤーが「感じる」ことができます。

現時点では、PS VR 2の正式な発売時期は未定ですが、ソニーは今後、より詳細な情報をお届けする予定です。残念ながら、多くのユーザーの皆様がPS5を購入できない状況にあるため、すべてのユーザーの皆様にPS VRを体験していただくには、しばらく時間がかかると思われます。しかし、ソニーはバーチャルリアリティの未来に大きな賭けをしているように思えてなりません。

You may also like

Leave a Comment