ニンテンドースイッチ、eショップの新春セールを開始

by Michael
0 comment

|日本郵船

Nintendo of Americaは、Nintendo eShopで2022年のニューイヤーセールを正式に開始し、一部のデジタルタイトルを最大30%オフで販売します。

ホリデーセールはホリデーシーズンの恒例行事で、ゲーム業界では定番タイトルを大幅に値下げしてお祝いすることがよくあります。今年、任天堂は新年を祝うために、ニンテンドーeショップで「ニューイヤーセール」を実施します。このセールでは、Nintendo Switchのデジタルタイトルが最大30%オフで販売されます。

今年は、タイムゾーンやスケジュールの都合上、米国任天堂と欧州任天堂は、最近の販売促進で異なる戦術をとっています。つまり、ヨーロッパでは12月31日に「ニューイヤーセール」が開始されましたが、アメリカでは本日未明に開始されたようです。

ニューイヤーセールは、Nintendo of AmericaのTwitterアカウントで発表され、任天堂の注目タイトルとそれに伴うお得な情報を紹介する動画が公開されました。この動画では、『スーパーマリオメーカー2』、『クラブハウスゲームズ:51ワールドワイドクラシック』、『マリオテニス エース』、『キャプテン・トード:トレジャートラッカー』と『キャプテン・トード:トレジャートラッカー – スペシャルエピソード』DLC、『ドンキーコングカントリー』にスポットライトを当てています。トロピカルフリーズ」、「フィットネスボクシング」などがあります。また、『真・女神転生5』、『ARMS』、『ドラゴンクエストビルダーズ』および『ドラゴンクエストビルダーズ2』、『イーストワード』、『大逆転裁判クロニクル』なども紹介されています。このセールは現在、1月16日午後11時59分(PT)に終了する予定です。

これらの注目タイトルの他にも、血みどろの代表作『Doom Eternal』が23.99ドル、シュールな名作『Katamari Damacy REROLL』が7.49ドル、平和な死後の世界を管理するシム『Spiritfarer』が14.99ドルなど、数多くのお買い得商品が用意されています。キュートでグロテスクなタイトルに興味があるゲーマーには、「Grindstone」が9.99ドル、「Super Meat Boy」が7.49ドル、ホラーファンには「Little Nightmares 2」が20.09ドル、「Carrion」が11.99ドルとなっている。一方、「二ノ国 白き魔女の怒り」は9.99ドル、「Mr.DRILLER DrillLand」は7.49ドル、「太鼓の達人」は9.99ドルとなっています。

今回のニンテンドーeショップのセールでお得なのは、「My Hero One’s Justice」が9.59ドル、「Tales of Vesperia: Definitive Edition」が12.49ドル、「Doraemon Story of Seasons」が12.49ドルとなっています。少し高めの価格帯のゲーマー向けには、「ドラゴンボールZ カカロット+新たな力の覚醒セット」が35.99ドル、「My Hero One’s Justice 2」が20.99ドルで販売されています。Dead Cells」は現在12.49ドル、「Untitled Goose Game」は9.99ドル、「Sonic Colors: Ultimate』は29.99ドルです。

You may also like

Leave a Comment