Call of Duty: WarzoneとVanguardにAttack on Titanコンテンツを追加

by Michael
0 comment

数ヶ月にわたる憶測を経て、コール・オブ・デューティは今月末にヴァンガードとウォーゾーンの両方に「アタック・オン・タイタン」コンテンツが登場することを確認しました。

Call of Duty: Warzoneは、ランボーやジョン・マクレーンなどのアクションヒーローから、ゴーストフェイスやレザーフェイスなどのホラーアイコンまで、その寿命の中で多くのフランチャイズと交差してきました。数ヶ月にわたる噂や憶測を経て、『コール オブ デューティ ウォーゾーン』は『進撃の巨人』とクロスオーバーし、人気アニメにインスパイアされたコンテンツをゲーム内に導入することになりました。

11月には、「コール オブ デューティ」と「進撃の巨人」のクロスオーバーを示唆する情報がリークされました。内容的には特に目立ったものはありませんでしたが、データ解析の結果、「Attack on Titan」シリーズを直接参照するファイル名、すなわち「aot」と「titan」という単語が見つかっています。前述の通り、「コール オブ デューティ」では、多くの人気シリーズやIPとコラボレーションしてキャラクターをゲーム内に登場させてきましたが、今回の「進撃の巨人」とのコラボレーションは、Activisionがアニメとのクロスオーバーを行う初めてのケースとなります。偶然にも、Call of Dutyのリークと同時期に、FortniteがNARUTOとクロスオーバーしたことで、遡って今回の発表の舞台となりました。

Call of DutyはAttack on Titanとのクロスオーバーを正式に発表し、WarzoneとVanguardの両方に新しいオペレーター、設計図、その他のアイテムを提供します。1月20日、プレイヤーは「トレーサーパック」を購入することができます。Attack on Titan – Levi Edition Bundle」を購入することができます。このバンドルには、シリーズにインスパイアされた10種類のユニークなアイテムが含まれています。


さらに、「オペレーター・ダニエル・ヤツ」が調査兵団の一員となり、「リヴァイ・アッカーマン」を模したスキンを手に入れることができるほか、「タイタン・ピアサー」という武器設計図を使って、シリーズを象徴する巨人を倒すための刃を作ることができます。今回のコラボレーションは、「進撃の巨人」の最終シーズンの放送開始を記念したものです。

本商品を最大限にお楽しみいただくためには、「ウォーゾーン」と「ヴァンガード」の両方をプレイしていただく必要があります。どちらのゲームでもフィニッシュ技「スティールカット」を使用することができますが、「Vertical Maneuver」Highlight Introと「Ultrahard Steel」MVP HighlightはVanguardだけの限定コンテンツです。

さらに、2つの武器設計図、”Historia “SMGと “Ymir Curse “アサルトライフル、キーチャーム “Secret Keeper”、2つのエンブレム “One Hot Potato “と “Wings of Freedom “を同梱しています。このバンドルがいくらで販売されるかは現在のところ不明です。

このバンドルが公開されればされるほど、興味は尽きません。コール オブ デューティ」でタイタンブレードとともにリヴァイがリアルに描かれることは、「フォートナイト」と「ナルト」のクロスオーバーの成功を見た後では、おそらく多くの人が予想していなかった光景だと思います。アタック・オン・タイタン」のクロスオーバーを行うコール・オブ・デューティーがあるとすれば、それは「ヴァンガード」であることは理にかなっている。「アタック・オン・タイタン」は、そのグランジなミリタリーの美学から、まるで別の歴史の第二次世界大戦のように見えることがあるからだ。これが「Levi Edition Bundle」であることから、「Attack on Titan」のキャラクターがさらに登場するのではないかと期待されています。

コール オブ デューティ ウォーゾーン』は、PC、PS4、Xbox Oneで発売されます。

You may also like

Leave a Comment