MMORPG「Avatar: Reckoning」がモバイルデバイスに登場

by Christian
0 comment

|日本郵船

アバターは2009年に公開された人気映画ですが、Archosaur Gamesの開発者は、iOSとAndroid向けに開発中のシューティングMMORPGを確認しています。

ジェームズ・キャメロンと20世紀フォックスが『アバター』を公開したのは2009年のことですが、このフランチャイズは続編が作られる間、映画以外にも拡大しています。新しいアバターMMORPG「Avatar: Reckoning」が正式に発表され、AndroidとiOSで発売されることになりました。

アバターファンは、「Avatar: Reckoning」で自分のナヴィをカスタマイズし、パンドラの世界を探索することができます。他のMMORPGと同様に、「Avatar: Reckoning」のプレイヤーは、アバターをレベルアップさせて困難なエリアに進む必要があります。また、困難なボスとの遭遇やPvPなどの一部の局面では、プレイヤーは他の人とグループを組んで勝利を目指すことになります。アバターファンにはお馴染みのキャラクターに加えて、このモバイルMMORPGには新しいナヴィの一族も登場します。

『Avatar: Reckoning』には、ソロのストーリーミッションと協力型のミッションがあり、ゲームの多くをチームメイトと一緒にプレイすることができます。MMORPGにふさわしく、タッチスクリーンを使った戦闘がありますが、モバイルゲームを開発したスタジオは、戦闘の詳細や、プレイヤーがパーティー内での相乗効果を生み出すために必要な役割については、まだ確認していません。戦闘は、『ポケットレジェンズ』や『黒い砂漠』、『RuneScape』といった他のモバイルMMORPGと同様のものになると思われます。ただし、『アバター:レコニング』にWorld of WarcraftやNew World、The Elder Scrolls Onlineのようなクラスがあるかどうかは確認されていません。

Archosaur Gamesが公開した『Avatar: Reckoning』のスクリーンショットには、パンドランの展望台に立ち、広大な惑星の風景を見渡す迷彩服のナヴィが写っています。このナヴィは、『アバター』の世界では通常人間が振り回すアサルトライフルを持っています。

Archosaur Gamesは、『Dragon Raja』、『Naval Creed』、『Novoland』を制作したチームです。The Castle in the Sky」や「World of Kings」を制作したチームです。このモバイルMMORPGはTencent、Lightstorm Entertainment、Disneyによって制作されており、『Avatar: Reckoning』の制作には多くの頭脳が関わっていることがわかります。

Archosaur Gamesは、「Avatar: Reckoning」が今年後半にリリースされることを確認していますが、2009年の映画のファンがいつこの新作MMORPGをプレイできるようになるかについては、正確には明言していません。モバイル版の「Avatar: Reckoning」とは逆に、ユービーアイソフトはコンソール向けにオープンワールドのアバターアドベンチャーゲーム「Avatar: Frontiers of Pandora」を開発中で、こちらも今年後半に発売される予定だ。アバター2』は2022年末に発売される予定ですが、これは、今後発売されるモバイル用アバターMMORPGが、続編の補完的な役割を果たすことを示唆しているのかもしれません。

Avatar: Reckoning』は2022年にAndroidとiOS向けにリリースされます。

You may also like

Leave a Comment