ダイイングライト2』のサポートは少なくとも5年間

by Michael
0 comment

のお知らせ

Techlandは、新しいストーリー、ロケーション、イベント、ゲーム内アイテムなどで、『Dying Light 2: Stay Human』を少なくとも5年間サポートすることを約束します。

今週初め、Techlandは一人称視点のゾンビサバイバル続編『Dying Light 2: Stay Human』のPRキャンペーンを活発化させ、非常に大胆な発言で週を終えました。

ポーランドの開発会社は本日Twitterで、新しいストーリー、イベント、ロケーション、ゲーム内アイテムなどの形で、少なくとも今後5年間は本作の継続的なサポートを提供することを保証すると発表しました。

Techlandは初代『Dying Light』で実績を残しています。初代『ダイイングライト』の発売から7年が経過した現在も、好評を博した拡張コンテンツ『The Following』のような複数のDLC拡張を含め、有料・無料のコンテンツを組み合わせて同作をサポートしています。現時点では、『Dying Light 2』の新たなDLCがオリジナルゲームと同様の方法で扱われるかどうかは不明です。

Techland社は今週、オープンワールドのゾンビゲームの続編を完成させるには「少なくとも500時間」が必要だと主張し、話題になりました。これは、プレイヤーがメインストーリーとすべてのサイドクエストをクリアし、すべてのアイテムを見つけ、世界のあらゆる場所を探索することを選択した場合にのみ、そのような時間がかかると説明しています。

メインストーリーをクリアするだけであれば、20時間程度で終わりますが、メインストーリーに加えてすべてのサイドクエストに挑戦したい方は、80時間程度の自由な時間を失うことになるでしょう。”Dying Light 2: Stay Human “についてTechland社は、「異なるゲームプレイスタイルや好みを持つプレイヤーが、自分に合った方法で世界を探索できるように設計されています」と説明しています。

Techlandによる『Dying Light 2』の発売前のライブストリームシリーズで、開発者は本作の4人協力プレイモードを披露しました。このモードの大きな特徴は、他のプレイヤーのゲームに参加しても、個人のアイテムや進捗状況を保持できることです。ストーリーの選択肢は引き継がれませんが、Co-opモード中に選択肢が出てきた場合、各プレイヤーが投票し、最終的にはゲームホストが結果を決定します。

これまでの開発サイクルは、何度もの長期延期、著名なスタッフの離脱、不手際の報告などに悩まされてきましたが、本作の発売まであと1ヶ月を切りました。しかし、『Dying Light 2: Stay Human』の初期の印象では、Techland社のベストセラータイトルの続編として、非常に好ましいイメージを持っています。

ダイイングライト2』は、PC、PS4、PS5、XBox One、XBox Series X

You may also like

Leave a Comment