ライフ・イズ・ストレンジ。リマスター・コレクション・スイッチ版の発売延期について

by Christian
0 comment

について

Nintendo Switch版『Life is Strange: リマスターコレクションは2022年後半に延期

2月1日に発売が予定されている『ライフ イズ ストレンジ』のリマスターコレクションですが、Nintendo Switchでの発売が遅れることになりました。スクウェア・エニックスの人気シリーズ『Life is Strange』の次回作『Life is Strange: トゥルー・カラーズ』と同時に、オリジナルゲームとその前日譚である『ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム』のリマスター版が発売されることが発表されました。Before the Storm』も発売されることが発表されました。

Dontnod Entertainment社が開発した初代『Life is Strange』は、小さな町アルカディア・ベイに住む内気なティーン、マックス・コールフィールドが、時間を巻き戻す力を身につけ、それを使って親友のクロエ・プライスと共に町中の謎を解き明かしていくというストーリーです。Deck Nineが開発した『Before the Storm』は、マックスとの冒険の前のクロエの物語と、オリジナルゲームで謎に包まれていたキャラクター、レイチェル・アンバーとの関係を描いた前日譚です。

『ライフ イズ ストレンジ』公式Twitterアカウントに投稿された声明の中で、チームは、リマスターコレクションが他の主要ゲーム機では予定通り2月に発売される一方で、Nintendo Switch版は2022年以降の未知の日付に延期されることを発表しました。2つのタイトルのうち、このバージョンが延期される理由については特に説明されず、チームが「少し遅れており、準備が整うまでもう少し時間が必要です」とだけ述べられました。

コレクションが当初の発売日から延期されたのは、これが初めてではありません。2021年のE3では、この2つのゲームが2021年9月に発売されることが発表されましたが、その年の8月には、リマスターコレクションが来年に延期され、代わりに「True Colors DLC Wavelengths」が同年9月に発売されることが発表されました。その後まもなく、現在の2月の発売が発表されました。

これまでNintendo Switchへの最適化が困難であったことを考えると、この2つの移植版の開発チームがコレクションの開発期間を長くすることを決定したのも理解できます。モーションキャプチャーによるキャラクターアニメーションの向上、エンジンとライティングのアップグレード、キャラクターと環境のビジュアルの刷新など、この2作品にはクオリティ・オブ・ライフに関わる多くの変更が予定されていることを考えれば、なおさらのことです。

移植版の発売までに時間がかかるのは残念ですが、他のゲーム機でも、マックスとクロエの物語の復活を待たずに済むので、プレイヤーは安心していられます。洗練された外観のおかげで、ティーンの苦悩や厳しい選択を繰り返し、私たちを夢中にさせてくれることでしょう。

Life is Strange: リマスター・コレクション』は、2022年2月1日にPC、PS4、Xbox One、Google Stadiaで発売されます。

You may also like

Leave a Comment