サイバーパンク2077のPS5版アートがPlayStation Networkで発見される、発売は間近か

by Daniel
0 comment

ある信頼できるユーザーが、PlayStation Networkのバックエンドに『サイバーパンク2077』の代替アートを見つけ、PS5でのネイティブリリースが近いことを示唆しています。

昨年末、様々なホリデーセールを経て、『サイバーパンク2077』の流れは少しずつ変わり始めました。その悲惨なローンチを忘れた人はいませんが、その後リリースされた数々のパッチによって、より安定して楽しめるようになっています。CD Projekt Redはこの勢いに乗じて、ファンもその方法を知っていると思われます。現在、『サイバーパンク2077』のPS5版とXbox Series X版、そしてパッチ1.5(大きいと噂されています)は、今年の初め頃にリリースされる予定です。

もちろん、「Early this year」は、このアップデートがいつリリースされるかについて、まだ大きなギャップがあります。もし最近の発見が何らかの兆候であるならば、サイバーパンク2077では当初考えられていたよりも早くなるかもしれません。

Twitterアカウント PlayStation Game Sizeは、PlayStationネットワークのバックエンドやその他の技術的要素を掘り下げて新しい情報を見つけることで知られています。例えば、『Horizon Forbidden West』のファイルサイズは、このようにして初めて明らかになりました。今回、このアカウントが再びPlayStation Networkを調査したところ、「サイバーパンク2077」の別のカバーアート(下の写真)を発見しました。PlayStation Game Sizeによると、これは次期PS5版のカバーアートであるとのことです。

ゲームアイコンのカバーアートがあるということは、「サイバーパンク2077」の完全な現行機版もそう遠くない時期にリリースされる可能性があるということで、論理的に大きく飛躍することもありません。なお、「サイバーパンク2077」のPS5版とXbox Series X版は同日に発売される可能性が高いため、発見元だけでなく、両方のプラットフォームでこのことが示唆されています。これらのバックエンド業務に詳しいPlayStation Game Sizeによると、これはサイバーパンク2077の次世代機の発売が2月中旬から3月上旬になる可能性を示唆しています。

これが事実であれば、CDPRは数日ではなく数週間以内に発売日を発表することになります。なお、CDPR社の最後のコメントによると、「サイバーパンク2077」のPS5およびXbox Series Xへのアップグレードは無料であることが確認されており、発売後に保管していたプレイヤーが元の状態に戻るチャンスが与えられています。

また、このリリースと同時に予定されている「サイバーパンク2077」の1.5パッチにも期待している人が多いようです。ファンの皆さんが考えているような大規模なものになれば、プレイヤーの皆さんがこれまで酷評されてきたゲームに対する見方が一変し、今年後半に楽しくて大きな成功を収めた「サイバーパンク2077」のプレミアム拡張版をリリースする絶好の機会になるかもしれません。

Cyberpunk 2077』は、PC、PS4、Stadia、Xbox One向けに発売中です。PS5版とXbox Series X版は開発中です。

You may also like

Leave a Comment