Xbox Game Passの2022年2月のゲームがリークされました

by Daniel
0 comment

信頼できる情報源によると、Xbox Game Passにとってまた別の素晴らしい月がやってくるようで、今月サービスに登場するいくつかのビッグタイトルがリークされています。

マイクロソフトが2017年に「Xbox Game Pass」のサブスクリプションを開始して以来、このサービスは人気の高いAAAタイトルやインディペンデント・タイトルが一貫して追加されることで評価されてきました。2022年1月も例外ではなく、『Hitman Trilogy』、『Nobody Saves the World』、『Outer Wilds』、『Danganronpa: Trigger Happy Havoc』などのタイトルがサービスに加わり、マイクロソフトはXbox Game Pass史上最高の月で新年を迎えたと多くの人が主張しています。新しいリーク情報によると、2月のXbox Game Passはまたしても素晴らしい月となっているようです。

Xbox Game Passは2017年夏に初めて提供され、それ以来、間違いなくマイクロソフトのゲーム部門の主要な焦点となっており、ベセスダやアクティビジョン・ブリザードなどの業界の巨人を買収し続ける中で、このサービスに大きな力が注がれています。同スタジオは、2018年の『Sea of Thieves』以降、プラットフォームにデイワンローンチタイトルを追加しており、『Forza Horizon 5』、『Microsoft Flight Simulator』、『Halo Infinite』などのメジャータイトルに加え、メインラインの『Yakuza』シリーズ全作、『Back 4 Blood』、『MLB: The Show 22』などの主要なサードパーティタイトルでその傾向を継続しています。

Xbox Game Passを長年にわたって安定させてきた基盤の一つは、発売日当日のゲームやレガシーなインディーゲームが追加されていることで、大規模なリリースの間の数ヶ月間、プレイヤーを飽きさせないようにしてきました。このことは、2022年1月がXbox Game Passにとって最高の月となった大きな要因のひとつであり、PlayStation Plusのリークを頻繁に行っているBillBill-Kun氏の最新のリーク情報が信じられるならば、マイクロソフトはこの傾向を継続するようです。このDealabsユーザーによると、2022年2月のXbox Game Passのタイトルは、Ark: Survival Evolved Ultimate Survivor Edition、Dreamscaper、Infernax、Skul: The Hero Slayer』、『Edge of Eternity』、『Beseige (Xbox Game Preview)』、『The Last Kids on Earth and the Staff of Doom』、『Contrast』、『Telling Lies』です。

これは2月前半のリストに過ぎず、多くの人が指摘しているように、Xbox独占のマルチプレイヤーシューター「CrossFire X」を含む、これまでに確認されていたタイトルは含まれていません。先日、「Alan Wake and Control」の開発元であるRemedy Entertainmentによるエピソードキャンペーンの第1部が2月10日にサービスインすることが確認されました。1月のような好調なスタートではないものの、プレイヤーを飽きさせないようなサプライズがあると思われます。

興味深いのは、We Happy Fewを開発したXboxスタジオ、Compulsion Gamesの「Contrast」です。このタイトルは、2013年11月にPS4向けのPlayStation Plusゲームとして発売されたもので、Xbox 360、PS3、PC版も発売され、2014年後半にはXbox One版も発売されます。Compulsion Gamesは、マイクロソフトで開発中のタイトルをまだ発表していないため、ファンにとっては興味深いタイトルになるかもしれませんが、今年後半に発表される可能性もあります。

You may also like

Leave a Comment