ワイルドアームズの精神的後継作「Armed Fantasia」、キックスターターでファーストトレーラーを公開

by Michael
0 comment

ワイルドアームズの精神的後継作『アームドファンタジア』が、まもなく開始されるKickstarterキャンペーンで初のトレーラーを公開した。

クラウドファンディングのプラットフォームといえば、Kickstarterは常にプロジェクトが開催される最も人気のある選択肢の1つです。Kickstarterでのゲーム関連のキャンペーンは、熱心なファンや業界の情熱的なメンバーが、いくつかの愛すべきプロパティを基にしたプロジェクトに資金を提供できるため、最も人気のあるものの1つです。Yacht Club Gamesのレトロスタイルのプラットフォーマー『Shovel Knight』や、伝説のゲームデザイナー鈴木裕氏がクラウドファンディングの目標額を突破して『シェンムー3』を制作したのも、この流れによるものである。もう一人、日本のゲームデザインのベテランで『ワイルドアームズ』シリーズのプロデューサーである金子彰史氏は、このクラシックなJRPGシリーズの精神的後継作を作るためにKickstarterキャンペーンを開始しようとしている。

ワイルドアームズのシリーズは1996年に始まり、ヨーロッパのファンタジー要素だけでなく、ワイルドウェストのテーマも取り入れたJRPGで、その結果、トライガンなどの当時の漫画と似たようなものが生まれました。この精神的後継作は「武装ファンタジア」として知られ、そのインスピレーションと同じルーツであるウェスタンパンクファンタジーになることを期待している。このゲームに投資する価値があるかどうかを確認したいファンのために、『Armed Fantasia』のKickstarterトレーラー第1弾がアップロードされました。

このトレーラーでは、広大な砂漠を駆け巡ることができるワイルドウェストの設定が活かされており、口笛のテーマが本作によくマッチしていることが分かります。また、映像では『武装ファンタジア』のプレイアブルキャラクターである、ワイルドカードの主人公イングラム・グッドウェザー、眼鏡の友人ユークリッド・スタージェス、そして世界を支配する組織のアリシア・フェアヘッドと呼ばれる金髪の女性の3人を見ることができる。


トレーラーでは、本作のJRPGの戦闘システムがどのように機能するのか、ワイルドアームズとの違いも簡単に紹介されています。トレーラーでは、ヨーロッパファンタジーと西部劇のテーマが混ざり合い、モンスターと城が登場し、敵や設定に影響を与えています。また、ユークリッドとアリシアは近接武器、イングラムは銃で戦うなど、パーティメンバーの武器にもこれらのジャンルが反映されています。戦闘はターン制で、「オーダーチェイン」と呼ばれるシステムにより、両者が一斉に攻撃を仕掛ける。また、「フォースゲージ」が一定量に達すると、「フォースブレイク」によって敵の攻撃を中断させることができる。

このプロジェクトは、『シャドウハーツ』と『ワイルドアームズ』の精神的後継作の資金調達を目的とした、より大きなキャンペーンの一部です。もう一つのゲームは、元シャドウハーツのプロデューサー町田松蔵氏によるゴシックホラー『ペニーブラッド』です。ファンはこのダブルキックスターターで、どちらかのゲーム、または両方のゲームに資金を提供することができます。

You may also like

Leave a Comment