ジャッジメントシリーズがPCで登場

by Michael
0 comment

ヤクザ/ライクアドラゴンの今後に関する多くの発表と同時に、龍が如くスタジオはジャッジメントシリーズをPCでシャドードロップします。

龍が如くスタジオは、衝撃的な動きとして、ジャッジメントシリーズを全てPC、特にSteam経由でリリースしました。龍が如くスタジオは、自社のRGGサミットに先駆けて、2014年に発売されたヤクザのスピンオフ作品で、欧米では発売されなかった『Like a Dragon Ishin』のリマスター版をState of Playで公開し、話題を呼びました。

RGGサミットは、ヤクザファンにとってさらに大きなものとなりました。イシンの詳細と同時に、新しい主人公の春日一番が桐谷一馬と組んで新しいRPGの冒険をする「Like a Dragon 8」が公式に発表され、現在2024年に設定されています。2023年には「龍が如く外伝~名前をなくした男~」が発売される予定だ。この物語は、桐生、現在の城龍の物語であり、古典的なアクションアドベンチャータイトルとなります。

いずれもファンにとっては、これから数年間、おいしい思いをすることになるわけで、ワクワクすること間違いなしだ。しかし、サミット終了直後、RGGはもうひとつ大きなサプライズを用意していたようで、「Judgment」と「Lost Judgment」のトレーラーを公開し、Steam経由でPC版の配信を開始したことを明らかにした。この「ヤクザ」のスピンオフ作品をまだチェックしていない人のために、八神隆之のストーリーは、一番や桐生のストーリーと並ぶほど評判が良い。

SteamでJudgmentの両作品をチェックしたい人は、Wario64が指摘するように、両作品、School Stories拡張、Kaito Filesを含むバンドル版を98.87ドルで手に入れることも可能です。

You may also like

Leave a Comment